脱水症で肩こり腰痛でやすくなります!

ゆずの木整骨院

06-6625-1711

〒546-0032 大阪市東住吉区東田辺1-16-21 ファイブコート駒川1F

施術時間 月~金/8:00~12:00 16:00~20:00 土/8:00~13:00
休診日 土曜午後・日曜・祝日

脱水症で肩こり腰痛でやすくなります!

身体の豆知識

2020/07/21 脱水症で肩こり腰痛でやすくなります!

脱水症とは体内の体液が不足した状態のことを言います。

体液は単純に水だけでなく、ミネラルと水分で構成をされています。

この体液は人の身体を維持するために非常に重要です。その割合は成人で60%、高齢者で50%、乳幼児など子供で70%ほどとなっています。

体重の10%の水分を失うと重症の脱水症となり、

筋痙攣、失神、舌の膨張やしびれ、不眠、腎機能不全による尿量減少もしくは消失、飲み込み困難、皮膚乾燥及び感覚がなくなる、目の前が暗くなる、目がくぼむ、聴力損失等が見られるようになります。

こうなる前に、前兆として見られる下記の自覚症状をお持ちの方は要注意です!

 

  •  普段よりも汗が出るor全くでない
  •  喉が渇く
  •  ぼーっとする
  •  体温が上がっている
  •  食欲がない
  •  唇がかさかさしている
  •  だるい

 

脱水症を予防、対策していくためにはこまめに水分を補給していくことが必要です。経口補水液やミネラルの入っている麦茶を少しずつこまめに飲むようにしましょう。

一気に多量に飲んでも十分に吸収されないので少しずつこまめにというところがポイントです。

また、キンキンに冷えたものも身体には吸収されずに尿として体外に排出されてしまうため、人肌程度のぬるめのものをこまめに摂ることをおすすめします。

 

水分を多く摂取するとトイレに行く頻度が増えて嫌だ!と言う患者様からのお声を頂くことも多いですが、平均的な一日の排尿回数は約7回だと言われています。

どうでしょう?一日7回もトイレに行かれてますか?

少ないようでしたら、もしかすると体内の水分が足りない可能性があります!

熱中症、脱水症には十分注意しましょう!

 

脱水症状は腰痛と肩こりにもつながりますのでご注意下さい!

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ゆずの木整骨院

【住所】
〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1-16-21 サイプレス駒川1F

【電話番号】
06-6625-1711

【施術時間】
月~金/8:00~12:00 16:00~20:00
土/8:00~13:00

【休診日】
土曜午後・日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP