かくれ脱水に注意!

ゆずの木整骨院

06-6625-1711

〒546-0032 大阪市東住吉区東田辺1-16-21 ファイブコート駒川1F

施術時間 月~金/8:00~12:00 16:00~20:00 土/8:00~13:00
休診日 土曜午後・日曜・祝日

かくれ脱水に注意!

身体の豆知識

2019/04/26 かくれ脱水に注意!

皆さん、こんにちは。

もうすぐゴールデンウィークですね。どこかにお出かけされるのでしょうか?

 

さて今日は「かくれ脱水」についてお話ししていきます。

じつは春が危ない!「かくれ脱水」に要注意。

そろそろ5月。すでに初夏のようなぽかぽかした日射しの日もありますが、朝晩は風が冷たく、まだまだ寒暖の変化が激しい日が続いています。教えて!「かくれ脱水」委員会によると、今年も既に、脱水症を伴い初期の熱中症と同じような症状で搬送される方が見られるようです。これは、恒温動物であるわたしたちの身体に備わっている体温調節機能が気温の変化に慣れていないために、十分機能できていないためだと考えられます。

気温の変化が激しい・生活環境が変わるこの時期は注意!

以前は、“気温の高くなりはじめ”や“湿度の高い日が続く梅雨時”の、カラダが暑さに慣れない時期に熱中症が増えはじめるといわれていました。しかし近年の日本における気候の変化は、春先の季節の変わり目でも脱水リスクを高めているそうです。

 

またこの時期は、就職や引っ越しなど生活環境が変わった方も多いでしょう。さらに、寒暖の差が激しい気候の変化があるにもかかわらず、春は身体を動かそうというポジティブな気持ちの変化もともないます。気候の変化と重なり、新たな脱水リスクを生んでいるそうです。

undefined

どうして春に脱水が?!

脱水症は進行するまで明らかな症状がないのが特徴です。脱水症になりかけているのに、本人や周囲が気づかないため有効な対策がとれていない状態を「かくれ脱水」と呼んでいます。今までは、その状態に気づかれないまま放置されることが多く、本格的な脱水症になるまで対策されていませんでした。現在では、かくれ脱水の概念が確立されたため、脱水症の対策が可能になりました。

 

脱水は1年を通して起こる可能性があります。多くなる季節は夏と冬(風邪などによる発熱や下痢などが原因)ですが、春の脱水のリスクを忘れてはいけません。脱水というと、夏場に汗を大量にかくことで起こると思われがちですが、春は気温の変動が激しく体の準備もできていないため、体温調節機能に異常が起きやすく要注意です。

 

高齢者は特に注意

高齢者は特に注意

脱水のリスクが高いのは高齢者です。かくれ脱水は誰にでも起こり、水分補給によって改善しますが、高齢者の場合はその状態からもとに戻る力が弱くなっています。

したがって、それをきっかけに通常の脱水症にまで進みやすいのです。また、心不全高血圧などの持病がある人は、体の外に水分を出す薬を服用しているため要注意です。便秘で下剤を飲んでいる人も水分が排出されるため、リスクが高まります。

 

「かくれ脱水」の主な症状とその兆候

1.口臭

脱水になった場合、唾液の生産が著しく低下するそう。

口内の抗菌特性を有する唾液の減少は、体にとっても大問題。

十分な唾液が口内で不足すると、「細菌が異常増殖して口臭の原因にもなる」とのこと。

ちょっと匂うかも?なんて自覚症状があるならば、こまめに水分補給を。

2.春に乾燥肌?

脱水状態にあることが、必ずしも汗をかくことばかりとは限りません。

たとえば、上で述べたように口内の乾燥、さらには唇、そして皮膚も乾燥気味に。

脱水による乾燥のフェーズには段階があり、血液が十分に皮膚へ行き届いていない状態を示唆しています。

これが乾燥の主な原因にあげられるんだそうです。

 

3.便秘

 

人間が食べたものが腸へと移動する際、水分が潤滑油の代わりをして、

腸や消化器官をスムーズな状態に維持してくれるんだとか。

つまり、水分自体が不足してしまうと、大腸は食物から水分を吸収しようとして、

結果的に便の移動に負荷をかけてしまうことに。これが、深刻な便秘をもたらす結果になるようです。

04.筋肉のけいれんやこむらがえり

筋肉のけいれんは、通常、脱水とは直接的な関係はありません。

けれど、熱による脱水の副作用として筋肉にトラブルをもたらします。

運動中、活発に動いている筋肉は、使えば使うほど熱を増し、硬直し、場合によっては痛みを伴います。

また、体内に十分な水分が補給されていることで、危険な暑さの中でも、

筋肉のポテンシャルを安定させることもできるようです。

05.甘いモノが食べたくなる

脱水状態になると、体がブドウ糖などのグリコーゲンをつくり出すことが困難になるそうです。

肝臓の細胞によってつくられるグリコーゲンは、私たちの体が余剰のエネルギー(グルコース)を保存するために使います。ところが、十分な水分がなければ、グリコーゲンを形成することはできません。

その結果、脱水症状に見舞われると、体が自然と甘いモノを欲してしまうんだそう。

 

「かくれ脱水」の主な原因

 

原因:その1

春でも過度な発汗には要注意

最も明らかな脱水の原因といえば、発汗による水分の喪失。これは、真夏でなくても一緒です。

オーバーワークや、極端な暑さ・湿度のなかでの運動や作業は、通常よりも数段、汗をかきやすい状況。

この状態のままで水分補給せずにいると、脱水症状が進行し、場合によっては重症化することもあるので、

しっかり水分補給しましょう。

原因:その2

トイレが近い

頻繁にトイレに行きたくなるのは、様々な原因があるため、一概に脱水だからと定義づけることはできません。

たとえば、糖尿病や特定の薬(排尿を促すような)を服薬しているとき、もしくは医師も分かりかねるような医学的原因によってという場合も考えられます。

ですが制御できないような排尿は、かなりの量の水分を体から奪い去り、脱水を生き起こす原因となることが明記されています。

原因:その3

暖かくなってきたら
食あたり時は気をつけて!

重い下痢や嘔吐の症状も、水分とミネラルを損失する可能性が高いとか。

とくに子どもや幼児が下痢や嘔吐をした場合、大人以上に脱水に注意が必要。

もしも、お腹を下し気味のようならば、特定の食品、細菌感染、腸のトラブル、

または薬物両方に対しての反応にも目を向ける必要があります。

原因:その4

お酒の飲み過ぎ

アルコールが入ると、体に水分を再吸収させることが困難になるようです。

それは、体内の抗利尿ホルモン(ADH)を遮断してしまうから。

このホルモンは、腎臓が水分を吸収するのに欠かせない役割を持っています。

このADHが満たされていないと、トイレにばかり駆け込み、脱水を経験することに。

原因:その5

行楽シーズン本番!
でも、登山には十分な注意を

高い山の上も脱水状態を引き起こすことを知っていましたか?

一般的に標高2,500メートルを超える山などで、脱水の可能性が示唆されるとのこと。

あなたが高地にいる場合、呼吸も平地より早くなり、頻繁に排尿したりと、標高に慣れようと体内では、懸命に調整しているんだそう。

呼吸が早くなれば、その分多くの水蒸気を吐き出し、次第に水分と体液が失われていくという原理です。

環境変化も脱水の原因に

入学や就職など、生活環境が大きく変化する人は、気候の変化と重なり脱水のリスクが高まります。中高生の場合だと、部活動などで体の発達した上級生についていくために無理をして、体調を考えずに熱中してしまい脱水につながります。また、就職の場合だと、新しい仕事に慣れるまでの緊張による発汗や呼吸に伴う脱水が起こります。春に環境の変化がある人は、脱水のリスクを十分に考慮しましょう。

「毎日の体に入ってくる水分と体から出ていく水分のバランスを崩さないようにすることが大事。上の図を参考に、1日8回を目安にアルコール飲料以外のもので水分を補給してください。昼間は喉の渇きを感じなくても2時間おきを目安に水分を補給することを心がけるようにしましょう」

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ゆずの木整骨院

【住所】
〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1-16-21 サイプレス駒川1F

【電話番号】
06-6625-1711

【施術時間】
月~金/8:00~12:00 16:00~20:00
土/8:00~13:00

【休診日】
土曜午後・日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP